進撃の巨人ー名言。ケニー「みんな何かの奴隷だった」の”解放感”

スポンサーリンク
キャラクター考察

セリフの考察というのは、総じて野暮になりがち。

書いてる本人の考えが全面に出たり(自分のように都市伝説の話になるとか(^^;)、解説すると面白みがなくなるとか。

とくに、かっこつけたがるケニーのセリフなんぞ、本人は嫌がるでしょうね。

でも書きたいので、、ちょっとだけお許しを。

 

スポンサーリンク

「みんな何かに酔っぱらてねぇと‥」

 

今なら奴のやったこと… わかる… 気がする…

俺が…見てきた奴ら… みんなそうだった…

酒だったり… 女だったり… 神様だったりもする

一族… 王様… 夢… 子供… 力…

みんな何かに酔っ払ってねぇと やってらんなかったんだな…

みんな何かの奴隷だった… あいつでさえも…

69話「友人」

言わずと知れたこのセリフ。

 

なぜ、このセリフが心に来るのか?

たぶん、「何かに酔っぱらってないとやってらんないよね」。ストレス社会だし。

ていうようなところが共感しやすいのかなと。

それも確かに分かるし、「何かにすがってないと生きられない人間の弱さ」っていうのはある。

 

でもね。ケニーが言いたかったこと、感じたことは、果たしてそこだけだったんでしょうか??

いいえ、違うと思います。

 

このセリフを放ったケニーの心情。

彼の死に際のセリフに自分が感じたのは、むしろ「解放感です。

それはおそらく、彼がリヴァイに注射器を渡した理由につながっている。

彼のセリフの意味と心情を、その人生から追っていきたいと思います。

 

ケニーという人物ーその人生の目的

 

憲兵様になってから。このいかれ具合がいい

 

人物像

出身は分からないが、リヴァイと出会った時は地下のスラム街で生活していた様子。

アッカーマン家であるがゆえに迫害され、レイス家の手下(憲兵)を殺害してきた一匹狼。

「切り裂きケニー」の異名を持つ。

 

妹クシュルは地下街の娼婦として亡くなる。

彼女の息子であったリヴァイを引き取り育て、その成長を見たうえで彼から去る。

 

力さえありゃいいんだよ

少なくとも妹みてぇな最期を迎えることはねぇだろうからな

69話「友人」

「暴力がすべてだった」彼の人生。

それは、生き残るためにどうしても必要なものだった。

 

友人ウーリとの出会い

そして、アッカーマン家迫害の元凶であるレイス家に。

そこで後に友人となる、ウーリと出会うことになる。

 

69話「友人」

ケニーの「友人」はウーリが最初で最後だろう。

 

「あれほどの力を持った王が、下賤を相手にこうべを垂れやがる」。そのことに衝撃を受け、ウーリの元に下る。

そもそも、「今思えば一族の恨みなんて大して感じてなかったのかもしれない」。

彼は別の何かに動かされていた。

アッカーマンの力に目覚めていたケニー。おそらく生き延びるだけなら、もっと別に道があったはず。

彼は何かを探していたように見える。力以外の何かを。

 

スポンサーリンク

ケニーが生涯探し求めていたもの

彼がウーリに惹かれたのは、ウーリが力ではない「何か」を持っていると無意識に感じたからだろう。

彼が巨人の力を求めたのも、それが知りたかったから。

 

こんな風に言ってはいたが‥。

調査兵団の対抗組織なんて大義名分 俺が考えた建て前にすぎねぇ

そりゃあすべては 大いなる夢のためだ

この時は、半分本気でそう思っていたのかもしれない。

 

しかし彼が本当に探し求めていたのはこれだった。

神にも等しい力だ

それを手にした奴はみんな慈悲深くなっちまうらしい

こんなクソ野郎でもそうなってしまうのか

知りてぇ…

いったいどんな気分なんだ?

そこから一体どんな景色が見える?

69話「友人」

彼はただ、ウーリが見ていた景色を見たかった。

自分が見てきた「力」で支配する以外の、「愛だの平和だのほざいている」奴が見ている景色を。

 

 

「みんな何かの奴隷だった」の解放感

 

でも最後に、そのウーリも「何かの奴隷だった」と気づいた。

ウーリの場合、「わずかな人類の黄昏に楽園を築き上げる」ために生きていた。それゆえの慈悲深さ。

たとえば、それが彼が生きる上での支えだった、と感じたのかもしれない。

*ただし、特にアニメではアルミンの「夢」はこれらとは違う自由として描かれているように思う(「白夜」の時)。

 

ケニーはここで落胆してもおかしくはない。探してた答えがそこにはなかったのだから。

でも、ケニーはそれに気づいて、むしろ吹っ切れたように見える。

 

彼が注射器をリヴァイに渡したわけ

そして、それが最後の選択につながった。

彼の死に際の言葉と行動。

俺…は… 人の…親には なれねぇよ

そして注射器をリヴァイに。

 

「親にはなれねぇよ」と言いつつ(これはこれで事実だっただろうが)、彼自身が生き延びることを優先せず、リヴァイに託した。

たしかに巨人化しても「始祖」は手に入らないのは分かってたし、もともと情はあったケニーらしい、と言えばそれまでだが。

 

ただ、それができたということは、彼が「力の奴隷」であることから、最後に解放されたということ。

言うなれば、その最後の瞬間に、彼は「何かの奴隷」ではない景色を見ることができたのではないか。

それはウーリの見たものとも違ったかもしれない。

でもそれこそが、彼がずっと見たかった景色だったのではないか…と、そう思うのです。

 

Kenny's Death-Attack on Titan Season 3 Episode 10(ENG SUB)

コメント ご意見・ご感想などお気軽に

タイトルとURLをコピーしました