進撃の巨人ー伏線考察。50話のミカサの視線について妄想

スポンサーリンク
「進撃の巨人」考察

これも121話からの思いつきです。

伏線より、本質が書きたいって言っときながらのこれです💧

もちろん、伏線も意味がつながると面白い。

どうも、120,121話でいろいろな可能性が出てくるので。かなり妄想度合い高めですが。

 

50話「叫び」

 

50話「叫び」のあの場面。

この、エレン絶望からのミカサ告白。その前の、ミカサの不自然な目線。

他の仲間が食われてるところを見て、覚悟を決めたようにも見えますが。。

120、121話から、誰かが記憶の旅をしてて、その姿を見た、という予想もできます。

 

自分の思いつきは、ミカサ自身、あと誰か一緒に、という可能性。

なぜかというと単純に、ミカサには記憶につながる力がある、と予想してるからです。

何らかのきっかけで、ミカサが座標に行くとかして・・ここに来て・・

「今、今言っときなさい!」って言ったとか(;^_^A

 

まあ、それは冗談としても。

ミカサがエレンを止めるのであれば、座標に行く展開はないこともない。

あの12話の人影がもし伏線だったとして。エレンとジークでなく、ミカサと誰かの可能性もあるかも。

12話「偶像」

 

たとえば、12話の場面(エレンの意思がない「進撃の巨人」がミカサを攻撃したシーン)では、「この危険性もあるので、エレンはミカサを突き放した」ことを教え、

上の50話の場面で、「でもエレンはミカサのことが一番大事」であることを、ミカサに再度、思い出させる。

50話「叫び」

 

ヒストリア辺りが、それをミカサに教える役周りになると面白いかもと空想。

この場合、エレンの記憶を見に行ってることになる。

そんなに記憶の旅ばかりするかな?とは思うが。

 

でも必ず、どこかでミカサはエレンに出会うはず。

そしてそれは道を通して、なのかもしれない。

Cocco 「海辺に咲くばらのお話」 Music Video

 

約束 出来るよ 道は 繋がって

必ず 必ず また 君に 逢える

南へゆこうと 東へゆこうと

あの時

北へ 西へ どこへゆこうと

そう 2人は 出逢う

ただ 繰り返すだけ

コメント ご意見・ご感想などお気軽に

タイトルとURLをコピーしました