進撃の巨人ー12話の2人の人影‥やはり伏線の可能性??

スポンサーリンク
「進撃の巨人」考察

はい。巨人化できないユミルの民です。

12話の2人の影の伏線うんぬんの話。これはまずないと思っていました。

理由は、グリシャの記憶ツアーに関係なさそうだし、伏線の理由がなさそうだったから。

 

もし伏線でも、そこまで驚くことでもないかな。もともと1話のタイトルからしてあれだから、そういう作品だからなー。

という感じで深くは考えてませんでした。

12話「偶像」

ただ、確かにあそこだけ、黒い影なんですよね。

 

そして、121話を見て、この伏線あり得るかもと。その理由の前に。

 

スポンサーリンク

1話から121話への伏線‥作者は未来の自分の記憶を見て、物語を書いてる説

 

伏線と言えば、今回のこれ。すごいを通り越して、もう怖い。

1話で、グリシャむっちゃ怖い顔して、あらぬほうを向いて喋ってますね。

121話「未来の記憶」

1話「二千年後の君へ」

これは間違いないでしょう。

物語の根幹は決めて書いてるはずだけど、121話の展開もその根幹に入ってたということですね。。

 

12話の人影の伏線、あり得るかも

 

さて、さっきの伏線の可能性があると思った理由です。

12話の場面、記憶ツアーには出てきてないのですが、121話で、自分は逆に5%の可能性が、10%くらいになった感じがしました。

 

それは、この記事に書いたことからです。

 

この「ミカサが地ならしを止めそうな未来を、エレンが見た」というのが、あり得るのであればの話です。

疑問は、見ることが可能なのか?ということだったが、まだ描かれていない、ヒストリアと会った時なら可能性はあるのかな。

あと、見た未来って決まってるんじゃないの?と思うけど。そこどうなの、グリシャ?

まあ一部しか見てないか、修正しようとしてるか、として。

 

そうとう空想ですが、もしあの人影がエレンとジークならこんな感じでは。

 

人影が伏線の場合の理由

 

何らかの理由でジークが心変わり(えっ)。エレンとともに地ならしをすることになる(でもあり得るかも)。

その際、エレンがジークにあの場面を見せる。

地ならしを止めようとするミカサを、進撃が攻撃するかもしれないことを知ってもらう。

 

そして、どうにかして?ミカサに危険が及ばないようジークに頼む(先にエレンのほうが危ないのかも)。

もしくは、地ならし成功のために、ミカサにどう対処するかを決める(さすがに、ミカサを守ることも含めて)。

 

ちょっと想像を重ねすぎてる感はありますが、まあ一つの空想ということで。

伏線の場合、必ず理由があるはずなので、それが出てくるまでは分かんないですね。けど、ストーリーに絡んでるかも?と思うと、ちょっと考えてみたくなる。

コメント ご意見・ご感想などお気軽に

タイトルとURLをコピーしました