進撃の巨人ー自傷行為の意味から、始祖ユミルの巨人化の目的とか

スポンサーリンク
「進撃の巨人」考察

巨人化の条件の一つである自傷行為。

これは、細胞に「身の危険」を知らせるという意味があると、以前考察しました。

これは、ありそうかなと思ってます。

そこからの「始祖ユミルの初めての巨人化の状況と目的」の空想です。

小ネタです。

いやいや、私の事情、すごく大事なんですけど?

 

スポンサーリンク

ユミルフリッツが大地の悪魔とした契約

 

完全に空想です。

 

あるところに、一人の少女がいました。

国はずっと戦争状態。強大なマーレという国の侵攻にあっていました。

多くの人が亡くなってしまいました。その中には彼女の親もいました。

彼女の氏族には、窮地には「大地の神様」が助けてくれる、という言い伝えがありました。

 

「大地の神様!・・どうか助けてください。このままではみんな死んでしまいます!」

そこに表れた存在。のちに敵国マーレから「大地の悪魔」と呼ばれるようになった神秘の存在。

 

大地の悪魔との契約

・・大事な友達を守りたいのなら・・君に巨人の力をあたえよう・・

・・その代わり、君はその間の記憶を失うが・・

・・選ぶのは君だ・・それでいいのか?・・

「‥はい。友達を守れるなら…」

・・よし・・

・・自分の身が危なくなったら、心の中で念ずるのだ。自分はこの力で戦うのだと・・

 

ちょっと怪しいけど。まあこんな感じで。

実際は、DNAの改変をされて、ユミルフリッツはその場に倒れ、友達に救われます。

 

初めての巨人化

さて、いよいよまた、マーレ軍が攻めてきました。

ユミルフリッツは体に傷を負います。友達も危ない。

そのとき、大地の神様が言ったことを思い出します。

*大地の神様‥シュメール神話では「エンキ」です。DNAの塩基と同じ読みです。人間を作った一人となっていますね。

 

あれは本当だったのか‥巨人になるなんて‥?。でも、このままでは殺される!戦わなければ勝てない!

「大丈夫!私が・・戦う!」

勝手にユミルフリッツの友達^^; しかし誰なんでしょうね

 

一か八か念じてみます。

すると!

 

とかなんとか( ´∀` )。

他にも、いくつか想像できそうですが、今回は、ふつうっぽいバージョンです。

 

ユミルフリッツの巨人化時の状況と目的、を空想

 

というわけで。

つまりは、この「自傷行為=身の危険」説から、

・ユミルフリッツは、仲間を守りたいという思いから、巨人の力を使った。

は、ありそうだとして。あと、

・マーレに追い詰められていたという状況があった。

・最初の巨人化は、攻撃による負傷がきっかけ(その後も傷を負ってれば可能ですね)。これが自傷行為が条件になった理由。

・しかし彼女は意思によって、巨人化を選んだ(これが2つ目の条件)。

という感じだったんじゃ?と。

(巨人化を知らなった可能性もあるけど、さすがにそれは無垢すぎるかな?)

 

彼女の巨人化の経緯と目的は、必ず明かされるはずだと思うけど、たぶん、エレンと似た状況だった可能性が高そう。

たまたま彼女が始まりになった課題を、後の世代がどう解決できるかってことだろうと。

 

現在の始祖ユミルの思惑・・

 

あとは、もし「守らないと」とか、意識が残っているんだとしたら、彼女の時間は止まってることになる。

今後の展開のポイントの一つは、「彼女がなぜジークを助けて、従ってるのか?」にあると思うけど、もし彼女の時間が止まってる=無意識で動いている、ということだとしたら。

ジークを助けたのは、自分のDNAを持つ意識を救うという本能的なものだったのかもしれない(フリーダはどうなるのかって?あれの介入はムリだった^^;)。

つまり、意識を取り戻したいっていうことだけど、ただ・・それだとジークに従ってるのは説明できないような。

そもそも、ジークは彼女の子孫なので、なんで子孫の奴隷にならなきゃならんの?ってとこが謎なんですよね。考えが一致している以外の説が思い浮かばない。

 

大地の神様との契約に「2000年後、君の子孫が世界を救う神となる」とかあったりして(イェレナー。彼女どうするんだろう)。

それか、始祖ユミルがぜーんぶ演技してて、ホントはエレンとジークに自分の記憶を見せるために、とかね。

うーん、空想の域はなかなか出ないが。

コメント ご意見・ご感想などお気軽に

タイトルとURLをコピーしました